薬剤師とザリガニの奮闘記

~薬ザリ(yakuzari)の備忘録~

Google adsenseより3回目の~アカウントの承認を受けるには、問題を解消していただく必要がございます~

f:id:yakuzari:20190407223451p:plain
以前よりGoogle adsense合格を目指して頑張っていますが、なかなか合格しません…。

今回の報告で「合格できました!」と書ければ良かったのですが、なかなかうまくいかず。。

ですが、前回の不合格の時とは状況が変わって、一歩前進したイメージですので何かの参考になればと思い書いてみたいと思います。

今回は「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について」

前回までは「サイトの停止または利用不可ーお客様のサイトが停止しているか、利用できないことが判明いたしました」で門前払いを受けていました(笑)

Googleさんからすると「あなたのブログ見つけることもできないよ」ってな感じでなんですかね??

ですが、今回は「価値の低い広告枠」と文言が変わりました!!とりあえず、Googleさんにブログを見つけてもらうことが出来たようです。「価値の低い」も大分ショックですが、とりえあず見つけてくれたことを喜びたいと思います。

なぜブログを見つけてくれたのか?

では、なぜ今回Googleさんがブログを見つけてくれたのかというのを自分なりに考察してみます。

Google search consoleの変化

サイトマップの問題については別記事
Google adsenseに…2度落ちました。。 - 薬剤師とザリガニの奮闘記
で書きましたが、今回のメールを受けてから改めて見直してみると、サイトマップにて記事相応数のURLが検出されていました。ちなみに、「/sitemap.xml」「/sitemap.xml?page=1」「/sitemap_index.xml」どれも検出されたURL=39と同じ表記になっていました。どれか削除しても良いのかもしれませんが、今のところ3つとも残したままで様子を見ています。

コードの貼り付けミス

これはなかったようです。今回の申請では何も変更していません。

申請アドレスについて

①(https://www.yakuzari.work)なのか②(https://www.yakuzari.work/)なのかを悩み、最初2回は①で申請し、今回は②で申請して門前払いを回避できました。しかし、今回の不合格メールからのリンク先にて

お客様のサイト(http://www.yakuzari.work)で 複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません。

との記載がありました。①②どちらで申請してもGoogleさんは①で認識しているようなので、これはどちらでも良さそうです(常識的な話だったらすみません)。

「価値の低い広告枠」に対して出来ること

僕はまだGoogle adsenseをあきらめられません。なんとかして合格したいという一心でブログを書いてます(言い過ぎ?)。

そのために、現時点でやろうと思っていることを書いてみようと思います。

投稿記事の見直し

「検索してきた読者にとってためになるサイト」を作るのが最優先のため、過去の記事をもう一度見直してみようと思います。ただただ自分が書きたいことだけではなく、読んでくれた方が「この記事を読んでためになった」と思えるような記事になるようにしたいと思います。

広告類の撤去

次回は広告を外して申請してみたいと思います。Google adsense合格した時に、スムーズに貼り付けられるようにと練習のつもりで導入してみましたが、やはり外した状態で申請することにします。

記事の重複チェック

自分の中ではオリジナルの文章を作成しているつもりでも、世の中何万とあるホームページに似た文章が存在することは多々あるようです。その似てる具合に応じて、コピーページとしてGoogleさんに捉えられてしまい「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」として判断されてしまう可能性があるようです。

全てのホームページを自分でチェックすることが不可能ですので、無料ツールを使わせてもらいます。「CopyContentDetector」というものです。

使い方は簡単で、自分の記事の文章を所定の枠にコピペしどの程度似ているページが存在しているのかを確認できます(無料では4000文字までしかチェックできません。もし4000文字を超えるページをチェックする際には4000文字以下になるようにページの文章を何個かに区切ってチェックすることで、記事全体のチェックが可能です)。

この作業は現在進行形で行っていますが、このブログのテーマのひとつが「薬」ということもあり、それなりに似ていると判断されていた記事が存在していました。

まとめ

上記の対応をしたうえで、再度Googleさんにお伺いをたててみようと思います。

次こそは「合格しました!」という報告がしたい!!