薬剤師とザリガニの奮闘記

~薬ザリ(yakuzari)の備忘録~

平成最後の水族館で学んだシロクマの地肌について

f:id:yakuzari:20190430222749j:plain

さて、平成が終わって間もなく令和が訪れようとしていますが、我が家の平成最後のお出掛けは「水族館」でした。

シロクマの地肌は黒

今日訪問した水族館には2匹のホッキョクグマ(通称シロクマ)が展示されていました。片方は皆さんが想像するであろう「白色」だったのですが、もう片方は白と黒の割合が半々くらいで本当にシロクマ?と思わせるような感じでした。

展示されている場所の説明文を読んでみると

「シロクマの地肌は黒色です。白く見えるのは毛の影響です。」

との記載を発見!!

えっ?白じゃないの?

シロクマの毛は透明

では、シロクマが白色に見えるのは毛が白いからなのか?と思いますが、どうやらそれも違うようです。

「シロクマの毛は透明で、毛の中は空洞になっています。」

透明?でもハッキリと白色に見えるけど?と思った僕用(?)に解説の続きが書いてありました。

「毛の中の空洞に光が入り、乱反射した結果白色に見えます。」

とのこと。

シロクマが黒く見えた理由は?

では、なぜ黒く見えたのでしょうか?考えられる原因は2つ!

①毛が汚かった
単純に毛が汚れてた可能性はもちろんですが、毛の中の空洞に汚れがたまると光の屈曲で緑色っぽくなることもあるようです。

②毛が刈られてた
近くで見ることが出来なかったので確証はないのですが、毛が刈られてたor短かった可能性もあるのかな?でもどうやって刈るのかな、と考えると可能性は低いかなと思います。

まとめ

この年(30代前半)になっても動物園に行って新しい発見があると考えると、また子供と一緒に行きたいなと思います。平成最後の発見はシロクマの色のことでした。果たして令和最初の発見はどの動物になるのか?今から楽しみです!