薬剤師とザリガニの奮闘記

~薬ザリ(yakuzari)の備忘録~

Amazonデバイス「FireHD8」を購入したので開封の儀を行います

【スポンサーリンク】

とうとう購入しました!!

「Fire HD 8(16G)」

私がFireHD8を欲しいと思い始めたのは、実は2018年の7月のこと。

この時は手元にWindowsタブレット(8インチ)があったのでFireHDの購入は見送ったのですが、今年の春ごろからこのWindowsタブレットの調子が悪くなり、新たなタブレットの購入を模索し今回購入に至りました。

今後はこの端末を使いこなす!と意気込んでいますが、まずは恒例(?)の開封の儀を行いたいます。

FireHD8の購入を考えている人、悩んでいる人の何かの参考になれば幸いです。

FireHD8の購入方法

「2019年7月にプレイムデーやるよ!」

みたいな広告等を見て、購入を決意!!

2019年のプライムデーは7月15日~16日の開催でしたが、7月14日にプライムの無料会員に登録しプライムデーの参加権利をゲットして7月16日にポチッ!!

お急ぎ便無料となるのでそちらで購入し、7月17日には我が家へ到着しました!!

至って普通の購入方法です(笑)

が、通常価格8980円(16Gの場合)のところ、プライムデー価格の5480円で購入できました。

プライムデー以外にもFireHDシリーズが安くなることはありますので、購入を考えている人は時折チェックするのをおススメします!!

FireHD8の外観

外観について触れていきますが、届いた段ボール編とFireHD8本体編に分けてご紹介します。

届いた段ボール編

FireHD8を頼んで届いた段ボール1FireHD8を頼んで届いた段ボール2
FireHD8を頼んで届いた段ボール

届いた段ボールを初めて見た時の感想は

「頼んだ商品間違えた??」

でした。

と言うのも、すごく大きい!!

ちなみに、段ボールと一緒に写っている白い物体は「ポケットティッシュ」です。

とてもじゃありませんが、8インチのタブレット商品が入っている大きさとは思えませんでした。

期待半分、不安半分で段ボールを開けてみると…

FireHD8の包装
FireHD8はこんな感じで包装されていました

無事にFireHD8を発見!!

まさかこんな隙間だらけの段ボールに送ってくるとは(笑)

FireHD8本体編

FireHD8のパッケージFireHD8の中身
FireHD8のパッケージと中身

無事にFireHD8が届いたことを確認できたので、ここからは安心して本体とのご対面が始まります。

パッケージを開けるとこういったものが入っています。

・本体
・充電用USB
・説明書x2

まっ、いたってシンプルですね。

ケースや画面保護シールは入っていませんので、必要な方は予め準備しておきましょう。

私は「まず本体を見てから考える」と決めていたので、この時点では何も購入していません。

FireHD8を手にした感想

FireHD8の本体FireHD8とポケットティッシュ
FireHD8の本体

まだ本体に電源を入れていません。

例によって、またポケットティッシュとの比較画像です(笑)

とりあえず本体を手にした感想ですが、

「まっ、こんなもんでしょ」

これが素直な感想です。

この感想はFireHD8が期待以下だったとかそういうわけではありません。

正確に言うと、期待してた通り!と言ったところでしょうか。

値段、スペック表から予想された通りの端末が送られてきたという感想です。

冒頭でも書いた通り、元々他社製品ではありますがWindowsタブレット(8インチ)を所有してたので、初めてタブレットを購入する人とは多少感じ方が違うかもしれません。

FireHD8の電源を入れてみる

それでは実際に電源を入れてみましょう。

FireHD8の電源を初めて入れたところ
電源ON!!

オレンジの背景で「Welcome to Fire」の文字が目立つこの画面が立ち上がります。

まずは言語設定ですね。

「日本語」

を選択しました。

次にWi-fiの接続設定となります。

FireHD8のWi-fi接続設定画面
Wi-fiの接続設定画面

FireHD8を購入する人でWi-fi環境がないという方はなかなかいないと思いますが、自宅でも職場でも一度Wi-fi接続をしないと設定が終わらないので注意してください。

自宅のネットワークを選択して、パスワードを入力することでスムーズに接続できました。

次に、購入したFire端末にAmazonアカウントを紐づけさせます。

FireHD8のAmazonアカウント登録画面
FireにAmazonアカウントを登録します

登録しているE-mailアドレス、Amazonパスワードを入力します。

※この過程は不要との情報を見たことがあるのですが、私の場合は入力が必要でした。

次にFireのオプション選択画面となります。

FireHD8のオプション設定画面
オプション設定画面

・位置情報サービスを有効にするか
・Wi-fiパスワードをAmazonに保存するか
・写真とビデオを自動保存させるか

以上の3点について一度で設定可能な画面です。

設定を決めているのであればこの画面でチェックを入れるなりして設定すれば良いと思いますが、これらの設定は後でも変更等出来るので、何もせずに「続行」ボタンを押しても問題ありません。

次は「Fireを今すぐアップデートしますか?」という画面になりました。

FireHD8のアップデート
アップデートを求められました

アップデートをしない理由は見つからないので、素直に「今すぐアップロード」を選択してアップロードさせました。

アップロードにはおそらく4分ほど時間がかかったと記憶しています。

アップロードが終わると、次は各SNSとの連携設定が始まります。

FireHD8のSNSとの紐付け設定
SNSとの紐付けが必要な場合設定

Twitter、Facebookだけだったと思いますが、必要なSNSに登録しておきましょう。もちろんこの連携設定も後で出来るので後回しでも構いません。

これで最低限の設定が終了です!!

初めて電源を入れるとこれらの入力が必要になるので、ある程度時間がある時に行うようにしましょう!!

入力操作自体は楽ですが、アップデート等の状況によっては時間を取られる可能性大です。

FireHD8設定終了後は簡単な説明が始まる

設定が終了すると下の画面のように簡単な機能や特徴を紹介してくれます。

FireHD8操作説明1FireHD8操作説明2
簡単な操作方法等の説明をしてくれます

終了ボタンを押すと省略できたのかもしれませんが、なにぶんFire端末が初めてだったので一応全部目を通してみました。

特段特別な説明はありませんでしたが、FireHD8のホーム画面の説明と言ったところでしょうか??

他の端末(ipadやAndroid端末)を使用したいた人からすると少しホーム画面の概念が違うので、その違いの穴埋めのための説明かな?とも思いました。

FireHD8に限りませんが、Fire端末はプライム会員のサービスを受けて最強の存在意義を発揮すると思われ、それらをスムーズに使用できるようにと随所に工夫されています。

そのため他の端末とは少し違ったホーム画面の構成となっています。

しかし、決して違和感があるホーム画面とかではありません。

プライム会員のサービスを利用すれば利用するほど便利だと感じるホーム画面となっています。

FireHD8 「開封の儀」まとめ

以上、Fire端末初購入の私が感じたことをただただ書きなぐった「開封の儀」はいかがでしたでしょうか??

冒頭にも書きましたが、FireHDは安くなるタイミングが年に何回か訪れます。

FireHDの購入を考えている方は、定期的に価格をチェックすることをおススメします。

と言っても、元値が8980円(16Gの場合)ということを考えるとセール価格でなくても激安に設定されてるので

買いたい時が買い時!

なのかもしれません。

・送られてくる段ボールは思いの外大きい
・カバーや保護シールは付属していないので必要な人は別途購入する必要がある
・本体の設定は簡単。しかしアップデートの作業があるかもしれないので、時間に余裕がある時に行う
・設定終了後の説明は省略しても良い内容だが、そんなに時間がかかるものではないので、少なくてもFire端末デビューの人は一応目を通しておきましょう

ちなみに、こういった漫画も読めますよ(期間限定ですけど…)!!
www.yakuzari.work