薬剤師とザリガニの奮闘記

~薬ザリ(yakuzari)の備忘録~

仕事が出来る人は「自分で勉強するべき」なのか「人に聞くべき」なのかを正確に判断できる人

【スポンサーリンク】

仕事が出来る人
「分からないことは自分で調べた方が勉強になる!!」

という風潮がなんとなくあります。自分も間違いではないと思いますが、あくまでそれは学生の間だけに限った話しではないか、という話しを書いてみます。

学生の頃の「勉強」

学生の頃は、人に教えてもらうよりも自分なりに調べて答えを導く過程で色々なことが学べるということで、なるべく人には聞かずに自分で調べていました。確かに調べるという過程を経た方が中身まで理解しやすいことが多々あります。

欠点としては時間がかかるということでしょうか?分からないことを自分で解決するのには時間とパワーが必要です。ですが、学生の頃の目的は勉強して試験でよい点数を取る=進級や進学が目的で主に自分のために勉強するのでそれで良いと思います。

社会人になってからの「勉強」

では就職してからはどうでしょうか?

職業によってまちまちだと思いますが、今回は薬剤師(医療従事者)目線で考えてみたいと思います。

薬剤師は職業柄、日々進化を続けている医療だったり薬そのものを勉強していかなければなりません。では、それらを勉強する理由はなんでしょうか??自分自身が薬に詳しくなりたいから、キャリアアップしたいからだけでしょうか?

僕は違うと思います。薬剤師に限らず医療従事者は

目の前の患者さんを良くする

ことを目標として仕事をしています。その患者さんを良くする過程で自分での勉強が必要となってきます。

学生と社会人の勉強の「目的」の違い

つまり何が言いたいかというと、

学生の間の勉強は主に自分のため

社会人の勉強は患者さん(職業にによってはお客さんなど)のため

目的が違います。学生の間は自分第一で良いかもしれませんが、社会人になってからは自分が第一になることは稀かと思います。自分のためよりも、まずは患者さん(職業によってはお客さんなど)のためになるように勉強・行動しなければなりません。

学生と社会人の勉強の「方法」の違い

目的が違うのであれば、それに応じて適した方法で勉強する必要が出てきます。冒頭で書いたように学生の間は主に自分のために勉強するので、「分からないことは自分で調べる」ことでより勉強内容が頭に入るかと思います。

では、社会人はどうでしょう。あくまで患者さん(職業によってはお客さんなど)第一であるのに「分からないことは自分で調べる」という行為は良いでしょうか??

僕の答えは「時と場合による」です。

仕事上で何かを調べなければならない、学ばなければいけない場面というのは大きく分けて2つあると思います。

ひとつは、答えを出すのにスピーディーさを求められている場合

もうひとつは、ある程度時間の余裕があり、より正確な答えを求められている場合

仕事ができる人とできない人の決定的な違いは、この2つの区別を正確に出来る人と出来ない人と言っても過言ではないと僕は考えています。

スピーディーさを求められている場合

スピーディーさを求められているのにも関わらず、ゆっくりと自分の世界にこもって黙々と調べものや勉強をしている人、、いますよね。こういう場合は大抵答えが出たとしても、既に解決していることがほとんどかと思います。

環境にもよるとは思いますが、もしスピーディーさを求められているのであれば、その案件に詳しい人に聞けば良いのではないでしょうか??詳しい人に話しを聞いて、その場は凌ぐ。そして事後にしっかりと勉強して理解すれば良いかと思います。

時間に余裕があり、より正確な答えを求められている場合

時間に余裕があるにも関わらず、容赦なく詳しい人に聞きまくる人、、いますよね。こちらのパターンは考えようによっては悪くはありません。害を被っている人はいないし、お互いハッピーかのように見えます。

しかし僕の経験上、「聞きまくる人→自分で調べない→自分の知識にはなっていない」ことが多い印象です。人に聞いて、さらにその後自分で勉強すのであれば全く問題ないかと思いますが、そうでもない人がいるのも事実。内容にもよるかと思いますが、少なくても医療職であればしっかりと自分で勉強したいところです。

仕事が出来る人は時間の使い方が素晴らしい

ここまでの話しをまとめると、

仕事が出来る人は時間の使い方が素晴らしい

ということに落ち着きそうです。

時間の使い方を間違えない、つまりスピーディーさを求められている時は然るべき方法で答えを導き出し、その場をやり過ごす。その後時間ができた時にしっかりと勉強する。

そして、仕事が出来る人は自分の時間だけではなく、相手方の時間も気にしてくれているような気がします。

詳しい人に聞くことで解決したとしても、聞かれた側の人の時間を犠牲にしていることを把握されているのだと思います。聞くことで相手側の時間を犠牲にする→相手側の時間を浪費してもらってまで聞く内容なのか、をしっかりと考えているのだろうな~と個人的には考えています。

今回書きなぐった内容を自分でも見直して、明日以降の時間の使い方を考えながら仕事をこなしていきたいと思います。