薬剤師とザリガニの奮闘記

~薬ザリ(yakuzari)の備忘録~

東北大学病院でのシステム障害から考えること

【スポンサーリンク】

あるニュースサイトを見ていたら衝撃的なニュースを発見しました!

東北大学病院の電子カルテにシステム障害発生

とのこと。

これは一大事!

障害が起きたのは1月6日で、1月7日早朝には復旧している様子。

でもこの混乱は大学病院だから起きたというわけではなく、電子カルテを導入している病院であればどこでも起こり得ることだと思います。

そこで、今回の一件で考えられることをまとめてみます。

最終的にAIの話につながります(笑)

東北大学病院で起きたシステム障害の内容

システム障害と一言でいってもいろいろあるかと思いますので、まずは起きたことをまとめておきます(私は当事者ではないため、あくまでネット上の情報をまとめただけ)。

障害を受けたのは電子カルテ

過去の電子カルテを参照することはできたが、あらゆるオーダーができなかった

簡単に言うとこんな感じのようです。

ちょっと専門用語(?)も入っていますので、私なりの解説・解釈を下に載せておきます。

電子カルテとは?

あらゆる患者さんの情報(氏名や生年月日、住所、病名、あらゆる画像(レントゲン写真など)、検査値など)は全て電子カルテに保存されています。このデータは病院内にあるメインサーバーに保存されており、このメインサーバーに何百何千ものパソコンやタブレットを接続することで、院内のどこにいても患者さんの情報を見ることができます。そしてただ見るだけではなく、処方のオーダーや検査のオーダーも出来ます。

オーダーとは?

オーダーは主に医師から他部署への「指示」と言い換えることができます。薬剤師が調剤するのも、看護師が患者の採血をするのも、検査技師がレントゲン撮影を行うのも、全て医師のオーダー(指示)があって初めて行うことが出来ます。言い換えればこのオーダーがないと患者さんに対して出来ないことが多々あります(全てのことが出来ないわけではありませんが、このオーダーがないと病院として成り立たないのは事実です)。

東北大学病院で起きたシステム障害への対応

起きたことを文字にすると

「そんな程度?」

と思う方もいるかと思いますが、普段この電子カルテを使用して仕事をしている者からすると大パニックであることは容易に想像できます。

おそらく実際にシステム障害に出くわしてしまった東北大学病院でも大パニックだったかと思います(知り合いの薬剤師さんがいるので、今度聞いてみます)が、下記のような対応でなんとかその場を凌いだようです。

紙カルテを使用した
会計を翌日以降にしてもらった

紙カルテというのは読んで字のごとく、紙でオーダーなどを運用することとなります。

普段はパソコン上で済んでいたことを紙に手書きし、その紙を関係部署に持っていけば「オーダー」として成り立ちます。

しかし、その紙上でのオーダーを一カ所に集約できない=会計を計算することが出来ない→会計を翌日以降(システムの回復後)にするよう患者さんにお願いして対応されたようです。

東北大学病院で起きたシステム障害の原因

東北大学でシステム異常発生

どうやら電子カルテのシステムを年始に更新したようです。

そして、年明け最初の外来診療日であった1月6日にシステム障害発生!

現時点で原因不明とのことだが、おそらくシステム更新に伴う不都合が濃厚かと思われます。

ちなみに東北大学の電子カルテは富士通のシステムを使用しているとのこと。

??

私が勤務している病院も富士通だが、、大丈夫か??

東北大学病院で起きたシステム障害で考えたこと

唯一の救いは過去のカルテを参照できたところでしょうか。

もし過去のカルテもPCで閲覧できない状態だとさらに状況は悪化していたかと思います。

外来を受診された患者さんの今までの経緯等も医師は見ることが出来ず、診療に大きな影響を及ぼしていたことでしょう。

しかし過去の経緯だけは確認できたので、オーダーを紙にすることで患者さんに大きな不利益はなくその場をやり過ごしたのかと想像します。

これが、もし過去のカルテも閲覧できなくなった場合の対処方法はあるのだろうか??

自分個人としては対処のしようがないのではないか?と考えてしまいますが、この最悪の事態はやはり起こりうるものとして普段から対応策を練っておかなければならないのではないでしょうか。

末端の薬剤師が気にするところではないのかもしれませんが、少なくても病院として今回の教訓を生かして考えておく必要はあるでしょう。

少し話がずれるかもしれないけど考えたこと

今、医療に関わる様々な職種の仕事はAI(人工知能)に置き換わるのではないか?と一部言われています。

薬剤師の一部の仕事もAIに置き換わる?と言われていることは重々に承知しています。

しかし、しかしですよ。

今回の騒動では、オーダーが出来なくなっただけで大パニックとなっています。

もしAIが様々な仕事をこなすことができたとしても、このAIが何らかの障害を起こしたらどうでしょうか??

それこそ大大大パニック間違いなしです。

ここは勝手な想像ですが、AIで何か障害が起きても私達人間はすぐには気付けないような気がします。

今回はおそらく「ん?オーダーが出来ないぞ?」と誰かが気付いたのだと思われますが、全てをAIが行っていた場合その異常を人間が気付くことが出来るのか?と考えてしまいます。

今後AIが活躍する場が増えてくるのかもしれませんが、必ず不測の事態の時の対応方法を考えておきたいですね。

こんな記事もあります↓↓
www.yakuzari.work