薬剤師とザリガニの奮闘記

~薬ザリ(yakuzari)の備忘録~

アンサングシンデレラ4巻を病院薬剤師が発売日に読んだので感想を述べます

【スポンサーリンク】

アンサングシンデレラもついに4巻まで来ましたね!

待望の発売日当日!!

ここに来て初めて発売日(2020年4月20日)にゲットすることが出来たので、早速読みながら病院薬剤師としての感想を述べてみたいと思います。

1巻から3巻までの感想はコチラからどうぞ!!

※読みながら述べますので、順次記事は追記していきますので悪しからず

アンサングシンデレラ第16話

生理痛もしくは月経困難症。

当然これらは女性特有のものであり、私を含めて男性陣がその苦しさを理解することは難しいだろうと推察されます。

本編でも主人公である葵と瀬野さんが食堂(?)で生理に関しての意見を交わしている場面がありますが、本当にこの通りだなぁと思います。

さて、この回に出てくる患者さん(遠野倫さん)は激しい生理痛に対して市販薬で対応していたが、調剤薬局薬剤師である小野塚さんの助言により産婦人科を受診します。

診察の結果「低用量ピル」を勧められて飲み始めるのですが、思ったような効果が出ず、病院で薬剤交付を待っている間に激しい生理痛に襲われてしまいます。

低用量ピルを飲んでいるはずなのに??

もしかして薬をしっかりと飲めていない??

などが脳裏に浮かびますが、葵がサプリメントに何かひっかかりを覚えたようで遠野倫さんに普段摂取しているサプリメントを聞いてみると…

なんとセントジョーンズワート含有サプリメントであることが発覚!!

詳しい話は避けますが、低用量ピルとセントジョーンズワートを一緒に摂取すると低用量ピルの効果が落ちてしまうことがあります。

少し専門用語を使うと、

セントジョーンズワートによるCYPの誘導により低用量ピルの代謝が促進され、低用量ピルの効果が減弱した相互作用の一例

と言い表すことが出来ます。

今回はこの葵の気付きによってサプリメントの摂取を中止し、遠藤倫さんはそれ以降生理痛が楽になったようです。

めでたしめでたし、、

なのですが、今回の話を読んでみて是非一般の方にも気にしてほしいことがあるのでもう少し書いてみます。

アンサングシンデレラ第16話を読んで皆さんに伝えたいこと

何か薬を飲んでいる、もしくはこれから薬を飲むことになった場合には必ず薬剤師(病院薬剤師でも調剤薬局薬剤師でもドラッグストア薬剤師でも誰でも可)に相談してください!!

これは声を大にして皆さんに伝えたいです。

本編にて、遠藤倫さんは初診のため問診票を書かされていますが、摂取しているサプリメントの記入欄に適当に「ビタミン剤・コラーゲン」とだけ書いてしまっています。

ここでもし、しっかりとセントジョーンズワート含有サプリメントの商品名が書いてあれば今回の相互作用は回避できた可能性大です。

ちなみに、一般の方ですと

「セントジョーンズワートなんて聞いたことない」

という方が大多数かと思いますが、少なくても薬剤師であれば嫌というほど大学の講義で聞かされており、これについて知らない人は薬剤師の潜りではないか?と疑いたくなるぐらいの常識問題です。

そしてセントジョーンズワートに限らず、様々なサプリメントと相性が悪い医薬品と言うのは多々あります。

それらを一般の方に覚えてくれというのは苦ですので、

薬とサプリメントでも相性があり、一緒に摂取する前に必ず薬剤師に相談が必要!

ということだけ頭の片隅に入れてもらえたら幸いです。

アンサングシンデレラ第17話

第17話~第19話の物語は全て続いているのですが、今回は便宜上回ごとに区切ってまとめたいと思います。

第17話のメインテーマはオーバードーズ

聞きなれない方も多々いらっしゃるかもしれません。

本編でもしっかりと注訳が入っています。

「オーバードーズ=薬剤の過剰摂取」
と。

薬剤の過剰摂取と言うと「誤って摂取してしまった場合」、「故意的に摂取してしまった場合」などが考えられますが、今回は故意的に摂取してしまった場合に相当します

(正確に言うと故意的ではないのかもしれませんが「眠くならないなーって、ついぱくぱく飲んじゃって…」と患者さん本人が話している描写があるので、故意的で良いかな?)。

今回出てくる薬剤は、デパス、レンドルミン、パキシル、メイラックス、ジェイゾロフト、ハルシオン、サイレースなど錚々たる名前が上げられています。

どの薬を何錠ぐらい内服したのかは不明ですが、この薬品名からするとかなり危険な状態ではなかったのかと推測されます。

なのですが、、


オーバードーズを軽く扱いすぎじゃない?


素直な感想がこれです。

ICUから一般病棟への転棟の申し送りの内容↓

「オーバードーズなので(入院は)2.3日でしょ?」

本編だけではICUでどれだけ大変なことがあって、何日間入院されているのかは読み解けません。

しかし一般の方が読んだら「オーバードーズってそんな程度なんだ」とか、「少し多く薬を飲んでしまっても大丈夫なんだ」と勘違いされないかがすごく心配です。

みなさん、オーバードーズは最悪なケースになることもあることなので絶対に軽視しないで下さい!

たかだか1錠多めに飲んだだけでも一大事になることもあり得ます!

ちなみに、、

本編でオーバードーズ=ODと略されていますが、ODと聞いてOD錠(口腔内崩壊錠=Orally Disintegrating Tablets)を想像したあなたはおそらく薬剤師(笑)

さて、本編に戻りますが…

この回のもうひとつのテーマは入院中(病院の中)と退院後(病院の外)について。

病院薬剤師の患者さんに対する一つの目標は、

円滑に治療を進めることでその病気が軽快して退院してもらうこと

となりがちですが、患者さんからすると入院というのはあくまで治療の一部であって、生活は入院前と同様に続いていきます。

極論を言ってしまうと入院中は良くても退院後また悪化したら意味がないので、退院後のこともしっかりと見据えてあげる必要があります。

そのことに再度気付かされた回となりました。

アンサングシンデレラ第18話

現在読み進めております

もう少々お待ちください

アンサングシンデレラ第19話

しばしお待ちください

アンサングシンデレラ第20話

長らくお待ちください