薬剤師とザリガニの奮闘記

~薬ザリ(yakuzari)の備忘録~

MRさん!是非、ギブアンドテイクの精神でお願いします‼

私の病院ではコロナの影響で急な用事がない際のMRさんの訪問は禁止されています。しかし欲しい情報がなかなか入手できず困っていて、是非訪問してほしいMR さんがいるのも事実。訪問してほしいMRさんはGive and take(ギブアンドテイク)を重要視されている?…

このタイミングで日医工が15品目の自主回収を発表…

日医工さん、やってくれました。このタイミングで15品目もの一斉自主回収。新型コロナウイルス感染症関連で、そのうち薬剤の納品が難しくなるのかなと勝手に想像していましたが、ここでまさかの自主回収。。この件について色々と述べたいと思います。

【医療職】今年の新入職員の方々に気を付けてほしいこと

病院では来月から新入職員がごっそり入ってきます。例年ですと新入職員を集めて「手指消毒とは?」「標準予防策とは?」などの話があるかと思いますが、昨今の状況を考えてみるとそれらの話しにも注意が必要ではないかと考えています。その理由を今回は紹介…

トラネキサム酸錠「YD」が出荷調整へ

※当記事は医療従事者向けとなっています。度重なる出荷調整の連絡に嫌気が差す今日この頃ですが、またもや連絡がありました。「トラネキサム酸錠「YD」が出荷調整へ」まさか原因が新型コロナ(COVID-19)とは…。出荷調整になった原因等をまとめてみます。

ナファモスタット出荷調整!!

現在、私の病院ではMRさんは特段の用事がなければ出入り禁止となっているのですが、meijiのMRさんが血相を変えて薬剤部にやってきました。「ナファモスタット「MEEK」が出荷調整になります!」とのこと。そのうちなるとは思っていましたが…今回の出荷調整に…

病院薬剤師が「アンサング シンデレラ3巻」を読んでの感想

だいぶ前に読んではいたのに、なかなか記事としてまとめられていなかった「アンサングシンデレラ3巻」ですが、ようやくまとめることが出来ました。ドラマ化の正式発表もされており、ますます目が離せなくなったアンサングシンデレラ。今回も病院薬剤師として…

抗菌薬適正使用支援加算(2020年)について

2020年の診療報酬改定において「抗菌薬適正使用支援加算」に関して変更点があったので、現在AST(抗菌薬適正使用支援チーム)の専任の薬剤師として働いている私の個人的な感想も含めながら変更点を紹介したいと思います。

【漢方】当帰芍薬散は癌の既往がある患者には注意??

いつも通り病院の薬剤部で仕事をしていると1本の電話が鳴りました。「当帰芍薬散をある患者に処方したいのですが、がんの既往がある方に当帰芍薬散は注意という話は事実ですか?」私自身この話を初めて耳にしたので、調べてみました。最終的にはメーカーさん…

「アネメトロ点滴注射液500mg」出荷調整解除!

嫌気性菌感染症治療薬である「アネメトロ点滴静注液500mg」の出荷調整が解除されることになったとのこと。近年抗菌薬関係の出荷調整などが続いており、現場では苦労されている方も多数いらっしゃるかと思いますが、一つ悩みの種が消えることになりそうです。

テトラミド錠10mgが自主回収・出荷停止(30mgは出荷調整)

テトラミド錠10mgが自主回収・出荷停止になるとの情報が入ってきました。メーカーからの配布資料を参考に自主回収等になった経緯を私なりにまとめてみました。ちなみに30mg製剤は出荷調整となります。同一成分薬がないため対応に追われることになりそうです。

【新型コロナ/COVID-19】カレトラの基本情報を振り返っておく

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関してある薬が注目を浴び始めています。「カレトラ」というHIVに対する薬。今後どのように国内でCOVID-19が流行するかは分からないですが、一般病院でも「カレトラ」という薬を選択する状況もあるかもしれません。今回…

獨協医大病院で医療事故「不要なCT検査で男性死亡」

またまた医療事故という単語を目にしてしまいました。「不要な腹部CT検査で男性死亡」とのこと。「不要な」というところが気になるところですが、私が個人的に思うことを述べたいと思います。 獨協医大病院での医療事故の状況 獨協医大病院での医療事故で私…

薬剤師が主人公の「アンサングシンデレラ」ドラマ化決定!主人公は、石原さとみさん!

薬剤師の中では有名なマンガであるアンサングシンデレラ。私の好きな漫画の一つ。そんなマンガのドラマ化の話が進んでいるとの情報をキャッチ!!マンガを簡単に紹介しつつ、今流れている情報をまとめてみようと思います。

東北大学病院でのシステム障害から考えること

あるニュースサイトを見ていたら衝撃的なニュースを発見しました!「東北大学病院の電子カルテにシステム障害発生」とのこと。障害が起きたのは1月6日で、1月7日早朝には復旧しているとのことですが、今回の一件で考えられることをまとめてみます。

ザバクサの適応症に「敗血症、肺炎」が追加されました!

「ザバクサは尿路感染症と腹腔内感染症にしか使用できない」とうとうこの縛りが緩和されました!元々メーカーさんからも適応追加に向けて動いているとの話しはありましたが、今回ようやく「敗血症と肺炎」の適応が追加となりました。今一度この薬を復習して…

オルケディア待望の適応追加!

2019年12月21日の午前中、何気なくTwitterを見ていたらこんな感じのつぶやきを発見!「とうとうオルケディアの適応が拡大!」とうとう拡大したか!!と思いメーカーサイトに移動して調べてみると確かに適応拡大の旨が記載されている資料を発見!この適応拡大…

ノルディトロピン(ヒト成長ホルモン製剤)の院内勉強会があったので備忘録!

先日、院内の薬局内でノルディトロピンの勉強会があったので、自分のためにも備忘録を残しておこうと思います。尚、ノルディトロピンには様々な適応がありますが、今回当院で採用になったのは「成人成長ホルモン分泌不全症(重症に限る)」という適応で使用す…

京大病院の医療事故(メイロン®誤投与)で思うところ…

医療事故…インターネットニュースを何気なく眺めていたところ嫌な言葉を見つけてしまった。しかも転帰は最悪な結果。他の病院で起きてしまったことを無駄にしないためにも、何が起きたのかを自分の目で見て自施設の状況を再度見直す必要があると強く思う。そ…

エベレンゾ錠について~HIF-PHD阻害薬~

血液透析患者さんが使用する薬剤に関して、大きな変動が目の前に来ているかもしれません。なぜかって??それは、「エベレンゾ錠が発売になるから」です!!今回はこのエベレンゾ錠について院内で勉強会がありましたので、その備忘録を書いておこうと思いま…

「テリボン皮下注28.2μgオートインジェクター」の特徴

先日、病院内の勉強会で「テリボン皮下注28.2μgオートインジェクター」の説明を聞いてきましたので、備忘録を兼ねて私が感じたことなどを書いてみたいと思います。「週2回投与ってなんだ!!??」ということと、果たして患者さんのためになるのか考えてみま…

ラスビック錠の添付文書から分かることを中心に考えてみる

新発売になるとの噂は耳にしていましたが、なんとなく自分の病院では採用ないだろな~と鷹をくくって全く勉強していなかった「ラスビック錠75mg」ですが、なにやら当院耳鼻科でよからぬ動きがあるとのこと…。今回は「ラスビック錠75mg」の基本情報と、それを…

ようやく現役病院薬剤師が「アンサング シンデレラ(2)」を読んでみた!!

ようやく、ようやくです!アンサングシンデレラ(2)をようやくGetして読破しました!※一緒に3巻もGetしたので近々同様の感想記事をアップする予定です。一応本業が病院薬剤師ということもあり気になる漫画の一つですので、紹介を兼ねて一個人の病院薬剤師目線…

ようやくセファゾリン(CEZ)供給再開の日程が発表されました

とうとうセファゾリン(CEZ)の救急再開スケジュールが公開されました!!なぜか現在は資料を配布できないようですが、各病院対応を考慮しなければならない点もありそうなのでまとめてみました。

セファゾリンの今後の見込みについて~2019年9月上旬時点~

昨今、抗菌薬の入手困難問題が勃発しており、各病院等で抗菌薬のやりくりをあの手・この手で行っていると思います。その抗菌薬問題の発端(?)と言っても過言ではない「セファゾリン」問題!そんな中、日医工のMRさんより「セファゾリン製品供給に関するご案…

薬剤師的に気になったツイートに対する考えを勝手に述べます

なんとなくブログを書いていると自分が薬剤師であることをつい忘れてしまう薬ザリです!今回は久しぶりに病院薬剤師として働いていて少し気になる文章を見つけたので自分なりの解釈を述べてみたいと思います。

ファンガードとイメンドの後発品(ジェネリック)について~発売日など~

先日、2019年8月15日に後発品の承認が下りた薬剤がいくつかありました。その中で個人的に注目するのはファンガード(成分名:ミカファンギンド)とイメンド(成分名:アプレピタント)。今手元にある情報をまとめてみたいと思います。

オンコネフロロジーについて勉強します!!

オンコネフロロジーについて勉強する良い機会を頂きました。知っておかなければならない項目が多数あり、決して軽視出来る領域ではないことが分かります。オンコネフロロジーの解説と内容などを少しずつ紹介していきます。

今度はキュビシン(ダプトマイシン:DAP)が自主回収!!

MSDの担当MRさんが普段見せないような形相で私の勤務先である病院に来ました。恐る恐る話しを聞いてみるとキュビシン自主回収とのこと。今回はこの自主回収について分かっていることを書きます。結論から言うと、今回は大きな騒動にはならなそうです!

ダルべポエチンアルファ注シリンジ「KKF」~2019年8月5日に発売決定~

エリスロポエチン製剤の中でそれなりのシェアを担っているであろう「ネスプ注射液」。こちらのAG(オースドライズドジェネリック)の発売日が2019年8月5日に決定しました。変更するにあたっての注意点などをあげてみました。

抗菌薬騒動…今度はタゾピペ(TAZ/PIPC)とメロペネム(MEPM)の供給が??

セファゾリンの救急問題が落ち着いてきた頃、突然驚くべき情報が入ってきました。「タゾピぺとメロペネムが大変なことになりますよ!」とのこと。どういうこと??ここは日本ではなかったのか?色々と情報が交錯しているので私が把握している内容をまとめた…